クレジットカードのポイント還元率は難しい

ポイントを貯めたいなら還元率が高いクレジットカードがおすすめです。
ただクレジットカードのポイントシステムは、それぞれ異なっています。
どれがお得なのか比較してもわかりづらくなっており、還元率が高いクレジットカードを探すのが大変…という状況です。

・1ポイントの価値を確認する
クレジットカードのポイントシステムは、利用1,000円に1ポイント付与や、200円に1ポイント付与など、さまざまな方法があります。
上記の2パターンを比べたとき、どっちが還元率が高くお得に感じるでしょうか?
同じ1ポイント付与だったら、200円に1ポイントの方が還元率が高いと感じる人が多いのではないでしょうか。

しかし実際は還元率は同じだったりするのです。
これは1ポイントの価値が、クレジットカードにより違うためです。
1,000円に1ポイント付与のクレジットカードの場合、1ポイントは5円相当になります。
200円に1ポイント付与のクレジットカードの場合は、1ポイントは1円相当です。
還元率にするとどちらも0.5%となり、お得度は変わらないのです。

ポイントがたまりやすいクレジットカードを探す場合は、付与されるポイント数だけでなく1ポイントが何円相当になるのかも確認する必要があります。

・ポイント付与ではなく割引になるクレジットカードもある
クレジットカードにはポイント付与ではなく、利用分が請求時に割引となるものもあります。
代表的なのがP-oneカードです。
P-oneカードは自動的に1.0%の割引がされた金額で、請求を上がってきます。
これだとポイント還元率0%で、お得ではないのでは?と思ってしまうこともあるでしょう。
しかし1.0%の割引があれば、1.0%のポイントをもらったと同じことになります。
割引になるクレジットカードはポイント付与がなくても、十分お得と言えるのです。

また割引+ポイント付与というクレジットカードもあります。
1.0%の割引+還元率0.5%のポイント付与となると、合計1.5%のお得となります。
ポイント還元率0.5%だけ見ると、それほどお得なクレジットカードとは思えません。
クレジットカードの還元率は、1.0%以上はあった方がお得だからです。
ただ割引と合計すると還元率1.5%のポイント付与があるクレジットカードと同じことになり、かなりお得と言えるでしょう。
ポイント還元率だけに気を取られず、割引率も考慮してクレジットカード選びをしてください。