クレジットカード利用場所により還元率は変わる

クレジットカードのポイント還元率は、いつでもどこでも同じというわけではありません。
利用場所によりポイント還元率が変わるクレジットカードもあります。
ポイント還元率がアップする場所で意識的に利用をすれば、ポイントをより貯めることができるでしょう。

・楽天カード
楽天カードのポイント還元率は、通常1.0%になります。
しかしENEOS、コナカ、メガネストアーなどの楽天ポイント加盟店では、ポイント2倍~3倍になります。
還元率は2.0%~3.0%となり、かなりポイントをためやすいでしょう。
特にENEOSで2.0%の還元率になれば、給油時に値引きになるクレジットカードよりお得になる可能性もあります。
そして楽天市場では、ポイント4倍になります。
いつでも4.0%の還元率になりますので、楽天市場では一番お得なクレジットカードです。

・Yahoo!JAPANカード
通常のポイント還元率は1.0%です。
ポイント還元率がアップするのは、Yahoo!ショッピングやロハコでの利用です。
いつでもポイント3倍になり、3.0%の還元率になります。
Yahoo!ショッピングをよく利用すれば、自然とポイントがたまるクレジットカードでしょう。

・イオンカード
イオンカードのポイント還元率は0.5%で、ポイントはそれほどたまりやすくないのがデメリットとされていました。
しかしイオン店舗の利用ではいつでもポイント2倍で使えるようになりました。
還元率1.0%となりますので、イオンをメインに使えばポイントを貯めやすいクレジットカードになっています。
イオンでは割引特典もありますので、ますますお得になったと言えます。

・JCBカード
JCBカードのオリジナルシリーズは、ポイント優待店ではポイント倍率がアップします。
スターバックス5倍、セブンイレブンやイトーヨーカドー、Amazonなどで3倍、エッソ・モービル・ゼネラルなどでは2倍のポイントになります。
基本的の還元率は0.5%のクレジットカードですが、利用場所によっては還元率を2.5%にすることも可能なのです。
通常の還元率は低めではありますが、ポイント優待店を使えばポイントを貯めやすくなっていると言えるでしょう。

普段からよく利用する場所で、ポイント還元率が高くなるクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。
どんなに還元率が高くても、利用しない場所であればポイントは獲得できませんので注意をしてください。